2010年04月09日

新しさ感じぬ=共産・市田氏(時事通信)

 共産党の市田忠義書記局長は5日の記者会見で、与謝野馨元財務相や平沼赳夫元経済産業相らによる新党構想について「沈没しかけた泥舟から早く飛び出そうという感じで、顔触れを見ると憲法改正と消費税増税という最悪のコンビだ。新党どころか旧党のような印象で、新しさは全く感じない」と述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

神戸の女子中学生間に大麻コネクション!?3年女子生徒また逮捕(スポーツ報知)
年内引退に惜しむ声=「悲しい」「残念」−山崎さん搭乗前にシャトル地元(時事通信)
憲法改正「議論必要なし」 枝野行政刷新担当相(産経新聞)
ベッドシェアリング “在宅復帰”特養が支援(産経新聞)
携帯電話不正利用 規制強化でヤミ金に貸与 レンタル会社(毎日新聞)
posted by オガタ クニオ at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。